【比較】初クルーズにオススメ カジュアルクルーズ5社【人気】

 私はこのブログで「初クルーズはカジュアルクラスがいい!」とオススメするものの、調べてみるとカジュアルクラスにはたくさんの船があります。しかも、王道ルート(地中海、エーゲ海、カリブ海)であれば、どの船会社も大抵船を走らせているので選び方が悩ましい・・・。

しかし、同じカジュアルクラスと言えど、どのクルーズ会社も自社ブランドに磨きをかけていて、強みや特徴がバラバラ。せっかくならその中から、アナタの旅行スタイルにバッチリ合う船を見つけたいですよね!

この記事では、カジュアル船で有名な、特に旅行代理店のパンフレットで取り扱いの多い5社の情報と特徴をお届けします。WEBサイトを見るだけでも各社の雰囲気がなんとなくわかりますよ!是非、ピンとくる船会社を見つけてください。

*各タイトルでクルーズ船会社のWebサイトへ、その下の枠で囲まれたリンクは、船の雰囲気がわかるYoutubeの動画へ飛びます

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

私が最初に乗ったクルーズ船は、ロイヤル・カリビアンのオアシス・オブ・ザ・シーズでした。初クルーズをロイヤルカリビアンに決めた理由は、夫が「とにかくデカイ船に乗りたい!」と言うので(子どもか!?)、世界最大級22万トンの船を選ぶことにしました。

世界最大級のオアシス・オブ・ザ・シーズは、全長361m、18階建ての「洋上の街」。寄港地で観光もしながらだと、7泊8日で全てを見て回るのは不可能な大きさ。

ロイヤル・カリビアンは、アメリカの会社のため、コースは地中海をめぐるものでしたが、乗客はほとんどアメリカ人で、船内のアナウンスも英語。アメリカらしく、エンタメの充実(ミュージカル、アイススケートショーにスイミングショーまで!)や様々なテイストの食事が楽しめるところが売りかと思います。メインダイニングの食事は、アメリカンすぎずに美味しく上品でしたよ!

また、クルーズ船も乗るタイミングによって「日本語ガイド」があるので、個人で申し込む人は安心材料。毎日見るものいっぱい。とにかく大きくて賑やかな船なら、ロイヤルカリビアンの「●●・オブ・ザ・シーズ」という名前の船が大きくてオススメです。

ノルウェージャンクルーズライン

2020年5月にエーゲ海クルーズで、私たちが乗ろうとしていたのがこのノルウェージャン。コロナウィルスの関係でキャンセルになってしまい、結局未体験。

こちらもアメリカの船会社。以前JTBさんに聞いたところ、ここ数年JTBで一番人気なのがノルウェージャンとの事。理由は、カジュアル船の中でもより柔軟な「フリースタイルクルージング」というコンセプト

クルーズ船では一般的に(*)、

  1. メインダイニングでの食事の時間が予め決まっている
  2. ドレスコードのあるイベント、フォーマルナイトがツアー中1〜2回ある

のですが、それらが一切なし。好きな時間に好きなレストランを予約し、フォーマルナイトに緊張することもありません。カジュアルクラスの中でも、とにかく気軽に楽しみたいならノルウェージャンがオススメ。人気の理由も納得です。

有名な船は、ノルウェージャンの中でもサイズが特に大きい「アンコール」や「エピック」。船の最上階にサーキットコースあります。想像ができない人、意味がわからない人は、是非船の名前をクリックして見て!

(*) クルーズ船によっては「食事の時間を毎回好きに選べる」というオプションがありますが、パッケージツアーで予約した場合このオプションを選べることは少ない。

MSCクルーズ

ヨーロッパを拠点とする船会社。MSC は Mediterranean Shipping Companyの略で、「地中海船会社」と言う意味(日本語にすると急激にお洒落じゃ無い・・・直訳してごめん)。シック&エレガントな内装など特別感を感じられる船内。船内を自前で設計しているとか。

お部屋の種類とは別に、付帯するサービスを3種類から選べる「エクスペリエンス」という独特の料金設定を持つ。その上、カジュアル船でありながら、MSCヨットクラブと言う特別お部屋もあり、旅行代理店のツアーでもそのパッケージが用意されています。また、船内でシルク・ドゥ・ソレイユのショーが見られる事でも人気。

地中海・エーゲ海エリアに強く、プランも豊富。Wikipediaによると「Fly&Cruiseの分野では50%のシェアを占め名実ともにNo.1の人気を誇っている。」とのこと。(引用:wikipedia) 

今はMSCグランディオーサが話題。最新の設備を備え、環境負荷を抑えたエネルギー高効率の高い、自然に配慮した現代的な船で、業界の注目度も高い。

コスタクルーズ

イタリアの船会社。そのため、陽気でフレンドリーな雰囲気。地中海・エーゲ海を中心とするコースが充実。雰囲気は、上記のHISさんの動画、JTBさんのコスタ特集をご覧ください!

乗ったことのある人に聞くと、本場のピザやチーズがとにかくおいしい!とのこと、「ツアー中、毎日イタリア料理ですけどね・・・」とも溢していました。イタリアを満喫するにはもってこいだけど、日本で和食ばかり食べている人には少々不安かな?どっぷりとヨーロッパの雰囲気に浸かりたい人にオススメ。

私の好きな船は「コスタ デリチョーザ」(*英語のサイトに飛びます)。まず発音した時の音も気持ちがいい。そしてデリチョーザとは、「おいしい」という意味。どうしたって食事に期待しちゃう!また、日本発着のツアーがある「コスタ ネオロマンチカ」もパンフレットにたくさん名前を見かける船。出発直前に驚きの格安パッケージや特別割引があったりするので要チェック。

ディズニー・クルーズライン

(タイトルリンクは日本の代理店のオーバーシーズトラベルさんのサイト)

言わずもがな、ディズニーのクルーズ会社。日本からのツアーは主に、カリブ海やアラスカクルーズなど、アメリカ出発のイメージ。そして、前後でアメリカのディズニーワールドに宿泊・入園とてんこ盛りのフライ&クルーズが楽しめます。クルーズ説明会に参加して聞いているだけでも楽しかった。

船の色から内装、船内でのショーや寄港地でのイベントまで、ディズニーのコンテンツを四六時中浴びられる幸せのクルーズ。クルーズ船でしか見られないオリジナルショーや、クルーズ船でしか買えないダッフィー、クルーズ船ならではの熱烈キャラクターグリーテディング・・・いずれもここでしか味わえないディズニーで、ディズニー好きには堪らない!他のクルーズ船とは一線を画す体験。

人気のプリンセスグリーティングは、船が出航する6ヶ月前から予約をしないとチャンスが回ってこないとか、本気で楽しみたいと思うなら入念な計画が必要かも。

もし私に孫が出来たら奮発して、ディズニーの船でアラスカクルーズに行きたい。氷河、ミッキー、孫に囲まれ大団円!想像するだけで興奮します。

まとめ

いかがでしたか?今回は、パンフレットでよく目にするカジュアルクラスのクルーズ会社を5つ紹介しました。

ここまで書いておいてなんですけど・・・クルーズはその旅行スタイルが自由で刺激的で楽しいので、どれに乗っても楽しいです!ただ、アメリカの船に乗るか、イタリアの船に乗るか、ディズニーの船に乗るかで、船上の雰囲気や客層はだいぶ変わります。アナタの旅で何を優先したいかで、ここは同伴者と色々検討してみてください!あれやこれや想像をするのも楽しみな時間ですよね。

比較も検討もじっくり楽しんで、旅行の前段階から思いっきり満喫しましょう!そして、あなたにぴったりのクルーズ船が見つかりますように。

ボンボヤージュ♪