【疑問】クルーズ船って退屈じゃない?

クルーズの旅を「毎日同じ船に乗っていて退屈そう・・・」と誤解している人が多い!もしアナタもそう思っているなら、MOTTAINAI!それ誤解です。

実は、クルーズ船は、アナタが知っている「移動手段としての船」とは、船内の様子がまるで違います。まるで船内に街があるかのように、ショップやエンタメやアクティビティが満載です。そのため、クルーズ船の中は退屈とは真逆。非日常の刺激的な世界。

今回は、「クルーズって退屈じゃない?」と心配しているアナタに、クルーズ船内で退屈するのが(むしろ)難しい理由をご紹介します。アナタのクルーズ旅行の懸念をこの記事で払拭してください。

【実体験】私が船で体験したこと

生演奏が聴けるのも毎晩の船の楽しみ

論より証拠。まずは、私が前回のクルーズ(7泊8日)の際、船の上で体験したものをリストアップしてみます。

  • カフェタイム(食事以外に、ピザやケーキを食べておしゃべり)
  • カジノでスロット体験(6ドル儲かる)
  • ショーの観劇(ブロードウェーミュージカルやコメディーショーなど全6種類)
  • ショッピング(船内のショッピングモールでセール品を2回購入)
  • カラオケ大会に参加(外国人のカラオケ大会は見ているだけですごく面白い)
  • 船内の公園散歩(船内が広いので船の中に自然の公園がある)
  • ジャグジー/プール(子どものいる賑やかプールや大人のためのジャグジーまで)
  • エクササイズ(食べ過ぎているので、ジムとデッキでジョギング)
  • バーでライブ観賞(気軽に生演奏を楽しむ)
  • 数独ゲームに参加(外国人夫婦と私たち4人しか参加してなかったけど!)
  • アートオークションに参加(雰囲気だけでも楽しいので2回参加)
  • ミニパターゴルフ(夫と4回試合。たいてい私の勝ち)
  • 卓球ゲーム(夫と試合。ムキになって2回。夫の勝ち)
  • ナイトクラブで踊る(深夜まで踊っても、部屋が近いから安心)

これ全部、クルーズ船の中で8日間のうちにやったこと。どれも楽しかったなぁ〜

そもそも、クルーズ船での旅行では、日中はたいてい船を降りて寄港地を観光しています。そのため、船上を愉しむ時間は、主に夕方観光から船に戻ってきて、寝るまでの時間なのです。その上、ディナーをフルコースで楽しく食べていたら1時間以上かかりますし、翌日の観光の事を考えると、睡眠も大切。

「船の時間が退屈そう」と思っている方は、実は船上で活動できる時間が少ない事を忘れがちです。また、その限られた時間の中で、いろんな体験やアクティビティが目白押しですから、退屈している暇は無し。欲張りな人なら、船上で「忙しい!!」とうれしい悲鳴を上げてしまうこと間違いなしです。

【驚愕】時間を奪う「船内新聞」の存在

英語の新聞は毎日A4サイズの6ページ!

「クルーズ船の中は、実はやることがいっぱいでむしろ忙しい・・・」この事実を証明するのがクルーズ船で配られる「船内新聞」の存在。毎晩各お部屋に配られます。

船内新聞には、翌日の寄港地や天気の他、船内で開催されるイベントや施設、船内でのキャンペーンやセールなど情報が満載。写真のオアシス・オブ・ザ・シーズの船内新聞CRUISE COMPASSの英語版はなんと1日6ページ!それを読むだけでも、ワクワク時間を潰せます。

ちなみに、日本語に翻訳された船内新聞(コースやツアーによって日本語版が用意され、必ずあるものではありません)は、裏表の2ページ。英語版の中の限られた情報のみがピックアップされています。それでもしっかりイベントやアクティビティの多さを体感できますよ。

同じ日の日本語版の新聞
情報は選定されていても両面2ページに情報ビッシリ!

欲張りな私は、「この後どのイベントに行こうか・・・」と英語の新聞を読み込んでいるうちに、「今、すでにいくつかのイベントを逃している!!」という事実に気付き焦っていたほど。船内で全てのイベントや施設を満喫することは、とても不可能です。

イベントはカラオケ(英語)やアートオークション、ビンゴ大会など、後ろで雰囲気を見ているだけでも十分楽しい。無料だし、大抵途中参加や途中退席も可能。少しでも興味があれば、気軽な気持ちでどんどん参加して、非日常の時間を満喫してください!

フィットネスジムのイベント表

クルーズ船内で、あれやこれやといろんな場所に顔を出したり、施設を楽しんでいるうちに・・・食事の時間になるか、疲れて寝るか。いずれにせよ、クルーズ船の中で「退屈をする」のは、想像するだけでもかなり難しいです。

まとめ 船上では、退屈するのが難しい

クルーズは退屈するのが難しい

いかがでしたでしょうか?今回は、「クルーズ船って退屈そう」と思っているアナタに、船上で出来ることをご紹介しました。

そもそもクルーズ船は、たいてい寝ている時間に寄港地を移動をしますので、船上でのアクティブな時間は限られています。その上、船の中では毎日新聞が必要なほど、イベントやエンタメが目白押し。退屈をしようと思っても、それはかなり難しいのです。

つまり、クルーズで心配するべきは「退屈」ではなく、むしろ「時間が足りないのではないか?」の方。私のように欲張りで、色々楽しみたいと思う人ほど、覚悟してクルーズに出かけてください!

きっと初クルーズの船の中で、今までにないたくさんの刺激的な体験ができますよ。アナタにとって素敵な初クルーズが見つかりますように。

ボンボヤージュ♪

初クルーズにでかけよ〜