【人気エリア5選】 初クルーズのコース別オススメ

「クルーズって世界中にコースが沢山あって、どの船のツアーがいいのかな?」と悩んでいませんか。

実は、クルーズ選びは最初のとっかかりが一番難しい。船の名前や、サイズやクラスなど、初めて聞く情報が多すぎて、初心者がベストなツアーを見つけるのはなかなか大変です。

でも大丈夫。まずは人気のツアー、王道のコースから見てみましょう!まずは、アナタ自身の「興味のあるエリア」を見つけることで、クルーズ選びも一段と楽しくなります。

この記事では、特に人気のクルーズエリア5つとその特徴をご紹介します。さぁ、写真も参考に、アナタの気になるエリアを見つけてみましょう。

日本人に人気のエリア 3選

旅行代理店のパンフレットに多くコースが載っている、日本人に人気の3選。添乗員付きのツアーも選べる日程も沢山あり、忙しい人でも選びやすいのが特徴。

その1 西地中海 

ヨーロッパの名所を毎日巡る濃密な旅

シーズン:6~10月 / オススメ:観光名所巡りたい派

海側からスペイン・フランス・イタリアなどを渡る、まさに王道コース。「旅行といえば観光派!」にオススメ。どこの国でも美味しい食事が食べられるのも魅力。

シーズンの6〜10月には、沢山の種類とサイズの船が走っていて、日程も船の雰囲気も選ぶ選択肢が多いことも初心者にオススメのポイント。

サグラダファミリア(バルセロナ)やバチカン市国(ローマ)など、誰もが知る人気の観光名所を巡れます。お年寄りになってから巡るのも素敵ですが、各エリアに見所が多く、移動して歩き回ることを考えると、是非アクティブなうちに体験したいコース。

「でも、ヨーロッパ行ったことあるんだよなぁ」って方も多いでしょうが、それでも大丈夫。私もヨーロッパは昔陸路で観光で訪れたことがありましたが、クルーズで行くとまた別の楽しさと魅力がありますよ。

その2 エーゲ海

絶景を見て写真を撮る観光のスタイル

シーズン:4~9月 / オススメ:のんびりしたい派

美しい海と島々を巡る、まさにクルーズ旅行ならではのコース。ベネチア、ミコノス島やサントリーニ島など、フォトジェニックな島をのんびり散策する観光。のんびり旅行派にオススメ

地形的に最大級の大型船は通れないため、船のサイズには限りがあります。それでも船は何千人と人が乗れるタイプですし、設備も十分。こじんまりしたサイズの船の方が「アットホームでよい」と支持しているクルーズファンが多いのも事実。

寄港地では、素敵なカフェや雑貨店を散策したり、夕日を見たり、ギリシャの遺跡を見たりと、どの島でもだいたいやることは一緒。そのため、好みが合う女友達同士や、ハネムーンカップルにオススメ。4〜9月にツアーが多い。

コロナウィルスの関係でキャンセルされてしまいましたが、次に私が行こうとしていたのがこのコース。ベネチアからギリシャ、クロアチアを巡るコースで、のんびりと異国の雰囲気を味わいたくて計画しました。

その3 日本発着クルーズ

見慣れた港から出航、時差や言葉の心配も少ない

シーズン:いつでも / オススメ:気軽さ・安心さ重視派

日本発着のツアーは、クルーズ初心者でも安心。気軽さ・安心さ重視派にオススメ。横浜、神戸、長崎、福岡、函館など、国内から出発するため、出発直前の安いツアーを見つけやすいのも特徴。

国内ですから、荷物を自宅から船に送り付けられるが楽ですし、なんと言っても船上で日本食が出たり、日本人も多く、言葉の心配もほとんどなし

しかも、国内発着といえど、外国籍の船に乗れば、船の中は多国籍のお客やスタッフがいます。クルーズならではの雰囲気は十分味わえます。

ただ、私自身「こういう気軽に乗れる船は、自分がお年寄りになった時に乗る!」と考え、国内発着船の楽しみはしばらく将来に取っておきます。


世界的 人気のクルーズエリア2選

続いて、世界で話題の2エリア。こちらは、きちんとヒアリングしたと言うよりクルーズ仲間の外国人(特にアメリカ人が多い)がよくSNSで話題にしているエリアをピックアップしました。

その1 カリブ海

思いっきり陽気に旅を楽しめそうなカリブ海

シーズン:いつでも(注意9~10月) / オススメ:陽気なアクティブ派

フロリダあたりから、メキシコやバハマの島々を巡るいかにも陽気なコース。シュノーケリングなどマリンスポーツも盛んで、アクティブ派にオススメ。また、1〜2島だけを行って返ってくるショートクルーズ(3日間や5日間)があるのも特徴(とはいえ、日本からの移動を考えると、3日のクルーズはもったいない!)。

この有名な島もカリブにあります

賑やかな大型船で、カリビアン音楽を聞いて、お酒を飲んで、日差しを浴びる。ビーチのような楽しさを満喫できます。また、寄港地の島は、島ごと船会社が所有していたりして、そのスケールの大きさとアクティビティの充実度に驚愕。プライベートビーチやバーベキューを満喫しましょう。

年中陽気で暖かい地域ですが、9~10月頃は特にハリケーンは注意。ハリケーンでクルーズが中止になると、クルーズ代は返ってくるようですが・・・日本からわざわざ行って「はい、乗れません。帰りましょう」はあまりにも悲しい。

私自身、2回目のクルーズの候補として、エーゲ海と最後まで悩んでいたのがカリブ海。仕事の忙しい夫と行くなら、とにかく何も考えずに朝から晩まで陽気なカリブは、仕事を忘れるのに最適です。

その2 アラスカ

美しい景色と生命を間近に感じるアラスカ

シーズン:6~9月 / オススメ:大自然に包まれたい派

澄んだ空気とそびえる山々、間近でみる広大な氷河。アメリカでありつつも独自の文化を育む大自然アラスカ。自然を満喫したい派にオススメのエリア。6~9月がベストシーズン。

船から見たら大迫力

夏にはホエールウォッチング、秋には一面に広がる紅葉。厳しい環境を生き抜く動物たち(イルカ、ラッコ、アザラシ、熊や鷲など)の生命をも身近に感じて、季節ごとに船だからこその迫力の絶景を体感できます。また、アラスカといえばキングサーモンも有名。日本人にとっては美味しいシーフードもアラスカクルーズで楽しむ魅力の一つでしょう。

ちなみに、9月のアラスカクルーズ最終時期には、うまくいけばオーロラを見るチャンスも!オーロラだけを見に行く旅はなかなかハードルが高いですが、クルーズ船の快適な環境で、オーロラが見える場所まで連れて行って貰えるのは、クルーズならではの醍醐味。


まとめ

さぁ、どこに行こう?

いかがでしたか?アナタのイメージする旅行にマッチするエリアは見つかりましたか。

人気の旅先、人気の観光地には、それぞれ多くの人を魅了する納得の要素があります。クルーズ初心者のアナタには、まず、クルーズ人気エリアの中から、興味の持てそうなコースを絞ってもらうと、その後の旅のリサーチがグッと楽になりますよ!

気になるエリアがわかったら、あとは自由に思いつくままに、体験したい事や気になっている食べものをリストアップ。ワクワクが広がりますね。

そうすれば、あとはそれが可能なクルーズ船とコースを見つけるだけ。旅行の計画が一気に具体的になります。アナタの初クルーズ計画が、また一歩現実に近づきますように!ツアー選び、思いっきり楽しんでください。

ボンボヤージュ♪