コミック「誰が悪いのか」

コミック

怒り1
怒り2
私は自分に厳しく(他人にも厳しい)
世の中で誰よりも自分のダメさにキレていますが、
そのキレる回数を今や追い抜かんとするほど
旦那は私をキレさせてきます。
昔、大学の授業で、
優秀な友達が発表していた作品で
水を張ったお皿に
それぞれ油で「He says」「She says」と書いた文字を浮かせて
混ぜてみるというものがあった。
混ぜれば文字は歪んで消えるけど、
水と油は一向に交わらない
つまり、男女の言うことは
いつまで経っても混じり合う(分かり合える)ことは
ないんだという
コンセプトアートを作っていた。
先生の評価はそんなに高くなかったと思うけど、
目の前でそれを見ていた私は(当時でさえ)
本当にそうだな!!!
と思って目を見開いてその皿を眺めていた。
ゲイの友人に言わせると、ゲイのいいところは
女みたいにヒステリックに怒らないところだとか・・・

いや、怒らせるほうが

悪いと思っているんだけどね、私はね。

 

だって、私、絶対悪くないし!

コミック
コミック「何点?」その4

これまでのコミック「何点?」の続き 5点をもらって「まぁよし!」と思っていたのも束の間・・・。 関連

コミック
コミック「何点?」その3

作:玉利ようこ コミック「何点?」その1 コミック「何点?」その2の続き・・・ さて、問題です。 主 …

コミック
コミック「何点?」その2

作:玉利ようこ コミック「何点?」の続き 無意識に防衛本能のスイッチが入り、自分に不利にならないよう …