怒り1
怒り2
私は自分に厳しく(他人にも厳しい)
世の中で誰よりも自分のダメさにキレていますが、
そのキレる回数を今や追い抜かんとするほど
旦那は私をキレさせてきます。
昔、大学の授業で、
優秀な友達が発表していた作品で
水を張ったお皿に
それぞれ油で「He says」「She says」と書いた文字を浮かせて
混ぜてみるというものがあった。
混ぜれば文字は歪んで消えるけど、
水と油は一向に交わらない
つまり、男女の言うことは
いつまで経っても混じり合う(分かり合える)ことは
ないんだという
コンセプトアートを作っていた。
先生の評価はそんなに高くなかったと思うけど、
目の前でそれを見ていた私は(当時でさえ)
本当にそうだな!!!
と思って目を見開いてその皿を眺めていた。
ゲイの友人に言わせると、ゲイのいいところは
女みたいにヒステリックに怒らないところだとか・・・

いや、怒らせるほうが

悪いと思っているんだけどね、私はね。

 

だって、私、絶対悪くないし!

コミック「誰が悪いのか」

投稿ナビゲーション