37歳になる直前の先月。2日間、都内のホテルに引きこもって

自分の業務と人生の棚卸しや、デトックスをしてみました。

 

一人になって、黙々と机に向かったり、ダラダラベッドを転がったりしていて、時間を満喫している

その時に気づいたのですが・・・

 

 

自分の身体がコーヒーを欲していない

 

 

 

ホテルのお部屋には、無料で飲める

おしゃれなイタリアンコーヒーマシーン(カプセルを挿れるタイプ)があって、

そして実際淹れてみるととても香り高く、すごく美味しいそうなのだけれど・・・

 

香りを楽しみ、一口飲んでもう満足。

 

 

もう一口飲みたいかと言われれば

そうでもない。

 

 

友人のオーストラリア人が自身の健康のために

カフェインを控えているという話を聞いていたので

「私ももしかして、飲まないほうがいいのではないか・・・?」

と思いつき、実はそれをきっかけに3週間、

私はほとんどカフェインを摂取していません。

 

 

 

それまで、コーヒーが好きだし、カフェにもよく行くし、

仕事の時も毎日コンビニコーヒー飲んでいたし(1日2回)

っていうか「ノマドワーカー」として、

カフェこそ自分の効率のいい仕事場だと信じきっていたのですが・・・

 

ネットで調べてみると

「脱カフェイン」をやっている人案外多い。

 

そこで、この3週間、

私自身が脱カフェインをやってみた体調の変化をお伝えします。

 

1.  最初の3日間程度、死ぬほど眠い

ひくほど眠かった。しかしここは、フリーランスの特権。身体に任せて寝まくってみた。

それでもだるくてだるくて。ネコも驚くほどの睡眠力!

しかし、逆を返せば、それだけカフェインに影響を受けていたのかな?・・・と思うことも。

2.  3~4日目頭がひどく痛い

あまりに眠いし3日も仕事にならないので、「これくらいならいいかな?」と

あえてカフェインレスコーヒーを飲んでみたのですが・・・

そのあと急激に頭がガンガン痛くなって、ますます仕事にならない。かなり痛かった。

ネットでは「カフェインの離脱症状」として頭痛も説明されているので、それのせいなのか、

はたまた急に微妙なカフェインレスコーヒーを飲んで頭が慌てたのか、理由は不明。

3. コーヒーの匂いは相変わらず好き

脱カフェインから1週間。仕事をしにスターバックスに行った。

注文はノンカフェインのハイビスカスティー・ホット。わたしゃオシャレ女子か!!!

しかし、そこで感じたのは、「あぁやっぱりコーヒーっていい香り!」ってこと。

でも、今コーヒーを飲んだらら身体に負担が大きそう・・・と感じた。

それに2に書いたひどい頭痛がくるんじゃないかと思うと、飲みたいと思えなかった。

4.  他人のコーヒーの香りを鼻でスンスン吸う妖怪になる

その後も、コーヒーの香ばしい豊かな香りがあると嗅ぎたいと思うし、あの香りでリラックスできる気がする。

旦那の手元にあるコーヒーカップを借りて、湯気の香りをスンスン嗅いで、

しばらくしてから返却するという奇怪な習慣が身につく。妖怪みたい。

5.  脱カフェインといえど・・・パーフェクトは無理

とはいえ、生活環境柄、カフェインゼロはできていない。

近所のお気に入りの立ち飲み屋は、アルコールメニューは充実しているものの

ソフトドリンクは、烏龍茶・緑茶・コーラ・トマトジュースのみ。

で、アルコールがいただけない私は苦渋の決断で、カフェイン量が少ない緑茶を飲んだりする。それ1〜2杯ぐらいなら、体調に悪い変化は出ていない。

ちなみに、トマトジュースは試したけれど、まぁ立ち飲みの渋いおつまみと味が全然合わない。ひどい涙。

 

 

つまり、コーヒーを絶って3週間。

カフェインゼロではないものの、このまましばらく

コーヒーなしの生活が無理なく続けられそうです。

 

 

脱カフェインのメリットとしては、

・冷え性の改善

・だるさの改善

・イライラが減る

などが考えられるようです。

劇的改善!!と言えるようなことはありませんが、

それでも身体はなんとなく楽なような気がします。

冷え性が改善されるかどうかは、冬に期待かな?

 

 

しかし、なぜでしょう。

毎日イライラはしています・・・旦那に。

どんまい、私。

 

脱カフェインをしてみた・・・3週間目

投稿ナビゲーション