うちの主人はいつもだいたい体調悪く、

まだ30代前半なのにお灸がお好き。

 

 

 

今日、仕事で銀座に行ったのですが、

せんねん灸のお店を見つけたので入ってみる。

 

 

ドラッグストアでも買える商品「せんねん灸オフ」には

温熱レベルが5種類あって

優しいものから熱いものまで種類が異なる。

 

 

「初めての方は優しい温熱レベルのものから」と

注意書きがあるので、

最初の一回目こそソフトなものを使っていたけど

 

あの

きゅゅゅうううっ!!!

とくる熱さというか、痛みが

なんだか体に効いているような気がして・・・

 

 

現在は、「せんねん灸オフ レギュラー灸 伊吹」を愛用中。

温熱レベルは5段階の3、真ん中。

雰囲気的にはお灸のセミプロと言ったところか・・・ふふ。

https://www.sennenq.co.jp/shop/products/detail/12

 

 

 

 

しかし、せんねん灸のお店に機嫌よく入った私

このセミプロ気分を一瞬にして粉砕される。

 

 

優しくはつらつとしたまさに健康を体現している店員さんが

教えてくれる・・・

 

 

 

温熱レベルが高いからといって

効果が高いわけではないのですよ〜

 

 

 

 

 

・・・え、えぇ?

 

 

 

 

温熱レベルを3にあげて

お灸セミプロを気取っていた私、

ピュアな笑顔に打ち砕かれる。

 

 

よくよくその店員さんのお話を聞くと、

 

どうも

きゅゅゅうううっ!!!

っと(最後の瞬間だけでなく)長い時間熱く痛く感じるのは

 

 

 

自分の体にあっていない温熱レベルとのこと

 

 

 

 

つまり私、

セミプロ気取りのど素人

 

 

一番ダッセェやつ

 

 

 

銀座のお洒落なお店の中で、

突然うぬぼれていた自分を突きつけられる。

 

 

実際にいくつかお灸を手に試し

どの温熱があっているか今体験していただくことも

できますよ?

 

と優しく声をかけられのを

「あ、いや、ちょっと約束があるんで・・・」

 

 

と嘘をついて

そそくさ引き上げてきた。

 

 

次お灸を買う時には、ひとつ温熱レベル下げてみよう。

何にでも適量ってあるよね〜・・・

うぬぼれのお灸

投稿ナビゲーション