イラストレーターをやっているとはいえ、

この1年間を振り返ってみると、

費やした時間の多くは制作よりも、事務処理。

 

昔、建築学部で学生をしていた頃に、

「建築家は自分の事務所を持つと設計図を書くことはなくなる。

なぜなら、事務処理や経営管理がメインの仕事になってしまうから。」

と聞かされて、

「そうか、そういうもんか〜それはやだな〜」と思っていたけれど。

 

(しかも、全然建築家になんてならなかったんだけど)

 

 

あぁ、今の私がまさにそれ。

制作よりも事務処理の日々。

 

 

で、毎日外出してカフェでやっている仕事のほとんどは

メールの返信、電話連絡、資料作成、書類の確認。

 

 

そのため、

外出先での必要な持ち物はいつでも限られている

 

  • PC
  • 携帯電話
  • 筆記用具
  • 手帳
  • お財布、交通系ICカード
  • (必要に応じてPCなどの)バッテリー

 

 

ノマドの人って結局これくらいあればいいんだと思う。

ハイテクノマドなら、よりシンプルに

手帳もICカードも携帯電話にまとまっていることでしょう。

 

 

とにかく、毎回外出時の持ち物なんて片手で数えるほどなのに

 

 

私、よく忘れ物をする。

 

 

昨日もカフェに向かって歩きながら

「わ〜、今日なんだかカバン軽いな〜!体の調子がいいのかな〜!」

なんてウキウキしていたら

一番重要なPCがカバンに入っていなかった。

 

 

 

 

 

そうなるともう、カフェに来て何もできることはない。

そして、悲しいことにそれに気づいたのは、

カフェで注文を終え、座席でカバンを広げた時。

 

 

ちょっと小さい声をあげた後、

 

 

ただただ、カフェでぼんやり。

 

 

運ばれてきたコーヒーと、

「今日は頑張る自分にご褒美だ!」と

先払いで注文した

ミルクレープをしばし見つめ、

いろいろ考えてみるものの

PCがなければ何もできない。

 

一応、コーヒーを一口飲んで、一呼吸置き、

ミルクレープに手をつける前に・・・

 

冷静を装って

もう一度カバンを開き直してみるも

PCがないことをしっかり目視して、

 

まずは目の前のできることからやろう!

 

 

と気持ちを切り替えて

 

 

ミルクレープを食べる。

 

 

 

 

たまにそういう無駄なことを、

本当にやっている私。

 

 

 

ついさっきウキウキと歩いてきた道を

ミルクレープで満たしたお腹をさすりながら戻り、

ふと、私が小学生の頃「忘れ物女王」だったことを思い出した。

 

 

当時、忘れ物を1回するごとに、

自分の名前のところに赤くて丸いシールが貼られていく

模造紙の「忘れ物表」があったが、

私ともう一人の男子の2箇所だけ

赤いシールが圧倒的に溢れかえっていた。

 

悪目立ちもそこまでくると、

恥ずかしさというより、

恍惚感さえ覚えるような表だった。

 

だからこそ、よくよくその表のことを覚えている。

 

その頃から忘れ物が多いのだから、もう仕方ない。

 

たまに忘れ物をした時は

「なるほど、今日はそういう日だったか!」

と思ってニコニコ家に帰ることに決めました。

 

ノマドのみなさん、忘れ物しても慌てないで〜。

 

 

追伸:仕事現場で重要な書類や資料などは

前の日から用意しているのでさすがに忘れないのですが、

そういう時に限って、ペンを忘れて

コンビニで買ったりしています・・・とほほ〜。

 

忘れ物女王、私。

投稿ナビゲーション