Big in Nice! Theアメリカ

先日は、オアシス・オブ・ザ・シーズのメインダイニングの話をしました。今回は、それ以外の船内での食事体験について、ご紹介します!

ロイヤルカリビアンはアメリカの会社。私が、ロイヤルカリビアン のオアシス・オブ・ザ・シーズに乗ったのは、西地中海(スペイン〜イタリア周辺)クルーズ。

ヨーロッパを巡りながら、船に帰るとアメリカ体験ができる・・・これぞ国際色豊かなクルーズの醍醐味です。


【味は普通!】ウィンジャマーカフェ

メインダイニングよりも、多くの乗客が手軽に何度も利用をするところ・・・それはクルーズ船の中のビュッフェレストランでしょう。各クルーズ船にもメインダイニング以外に、大きなビュッフェがあります。

オアシス・オブ・ザ・シーズのビュッフェは、カジュアルカフェテリア、ウィンジャマーカフェ(Windjammer Cafe)。今日はこちらについて、レポートをお伝えします。

【味は普通!】と書きましたが、一般的なアメリカのレストランを想像して比べてみると、かなりハイレベル!当初クルーズ旅行の食事を心配していた私からすると、十分納得できる満足ビュッフェでした。

カフェテリア形式のカジュアルな場所ですので、メインダイニングほどの感動や驚きはありません。味も、高級ホテルビュッフェみたいなものを期待していくとがっかりされるでしょう。しかし、それは、期待しすぎのあなたがいけない。

ウィンジャマーカフェには、気軽に楽しむ気持ちで行ってください。そうすれば、メニューの豊富さ、肩肘を張らない乗客やスタッフの雰囲気、ガラス張りで広いカフェ全体の居心地の良さ、を気に入っていただけると思います。


【ポイント】景色と雰囲気が一番のご馳走

港を眺めなら朝食を

ウィンジャマーカフェは、オアシス・オブ・ザ・シーズの15階に位置しており、全面ガラス張り。そのため、どの席からも外の景色を望めて、開放感に溢れています。

朝、燦々と降り注ぐ陽を浴びながら、船が入港する様子や、大海原をズンズンと雄大に進む様子を、マンションの高層階のような高い位置からみることができるのです。

外で食べるおにぎりが一段と美味しいように、クルーズならではの景色を見ながら食事ができるのは、クルーズ船の醍醐味であり、特別な体験。例えビュッフェの味が普通であっても、景色が食事を盛り上げます。

また、朝早くからスタッフも明るく元気。ビュッフェといえど、コーヒーを注いでくれたり、デニッシュを運んできてお伺いを立ててくれたり、サービスをしてくれます。

メインダイニングほどの難しい英語は要りませんから、カフェでは是非、スタッフの人に笑顔で”Good morning” と挨拶をしたり、食べたいものを指差して “This one, please”と英語を口に出して、交流をしてみてください。

笑顔で対応してくれますから(一部笑顔じゃないスタッフもいますけどそれは文化の違いです!気にしない!)、そのやりとりと、雰囲気も食事をおいしくしてくれる&クルーズ旅を盛り上げてくれるポイントです。


【本音】表裏一体、つまりは混んでいる

朝食しながら今日の計画を立てる至福の時間

とはいえ、大抵ビュッフェは混んでいます。特に有名観光地・寄港地に到着する朝は、お客さんが全体的に「さあ!今日は出かけるぞ!」「ツアーに遅れないように早く食事をしなきゃ!」というワクワクと焦りに満ちていて、賑やか・・・いや場合によっては結構な混雑です。

混雑がいやで、オープンと同時にカフェに乗り込んだりもしましたが、意外と早起きが得意なアメリカ人たちも多く、考えることは一緒。時間によっては、席を確保するのも一苦労なので、そこは覚悟が必要です。

とはいえ、イライラしても何も変わりません。ウィンジャマーカフェにいく場合は、それも楽しむぐらいの気持ちで、時間に余裕を持って行かれることをオススメします。

席が混んでいて、大きなテーブルで外国人の方が座っている席をシェアする場合もあると思いますが、その場合は、”May I sit here? (ここに座ってもいいですか?)”と声をかければOK。

遠慮せずに空いている席は使わせてもらいましょう!一緒のテーブルを囲めば例え会話はしなくても、ホームステイ気分です。

混んでいるビュッフェとは、つまりお客さんが多く回転数も高いため、食事がフレッシュ。暖かいお料理や新鮮な果物、焼き立てのパンがどんどん出てきて、フレッシュなお食事が楽しめると前向きに考えましょう。

フルーツもワッフルもフレッシュ

【結論】ウィンジャマーはアメリカのカフェテリア

ビュッフェは、毎日違う料理が出てはきますが、定番のベーコンやパンなど変わりはなく、毎日通っていると見慣れてくることも事実。

クルーズの後半はどうしても体も疲れていますから、無理をせずに欲張らずに、うまくビュッフェを活用しましょう。ビュッフェですから、当然好きなものだけを、好きな量とって食べれば言いわけです。

毎日のディナーでお腹いっぱいの人、夜中までパーティーをしていて疲れている人は、ホットコーヒーや温かいスープ、フルーツなどをちょこちょこと選んで、食べるのがオススメ。

ウィンジャマーカフェには和食と呼べるものは見当たりませんでしたが、中華粥のようなスープもあって、胃腸を休める朝食を選ぶことも出来ます。

疲れている日は
コーヒー&マフィンのみ

オアシス・オブ・ザ・シーズの中は、常々「ここはアメリカだなぁ」と感じることが多かったのですが(実際、お話しした乗客の人たちもほとんどアメリカ人だったし)、ウィンジャマーカフェは、食事の内容といい、雰囲気といい、いかにもアメリカのカジュアルなカフェテリアでした。

冒頭にお伝えしたように期待しすぎは禁物ですが、「アメリカのカフェテリア体験を楽しむぞ」と思えば、ウィンジャマーカフェは楽しい朝食体験になります。

唯一、旅先が一緒になったお金持ちそうなアメリカ人の若い女性と話していた際、彼女が「ウィンジャマーって美味しくないじゃん!」って悪態をついていましたが、それは彼女が普段かなりいいお食事を召されているんだと思っております。アメリカに5年もいた私から言わせれば、ウィンジャマーカフェの料理は、「ちょっと待ってよ!アメリカ人でもこういうビュッフェできるんじゃん!!」といういい意味で驚きのクオリティでした。

がんばれウィンジャマー!(失礼)

さぁ、今回は、ロイヤルカリビアンのオアシス・オブ・ザ・シーズで私が体験した、ウィンジャマーカフェについてレポートしました。とにかく、アメリカ料理だろうがカジュアルだろうが、観光地巡りで疲れていようが・・・

朝になったらクルーズ船のビュッフェにレッツゴー!

1日を惜しみなく充実して過ごすために、朝食から思いっきり楽しんでください。クルーズ満喫の鍵は食事にあり!あなたのクルーズ旅行がより楽しくなりますように〜。

海を間近に感じながら朝食

ボンボヤージュ♪