2019年6月にクルーズ船 ロイヤルカリビアン社 のOasis of the Seasに乗船し、西地中海(スペイン-フランス-イタリア)を7泊8日で周遊してきました。

今回は、自分の経験を元に、コスパを重視するあなたに、内側のお部屋をお勧めする3つのポイントをお伝えします。


海側バルコニー vs 窓無し内側

デッキ、それはみんなのバルコニー

正直、「お金に余裕はないけどクルーズしてみたい!」と思っていた私としては、クルーズの一番のネックは費用でした。

クルーズ船のパンフレット後半部分などに明記されていますが、クルーズ旅行は、ツアーそのものの代金以外に、入港税やチップ代などのお金がかかることがあるため、貧乏性の私は、上乗せされるそれらの金額に慄いていました。

(ヨーロッパの国をまたぐコースだったせいもあって、入港税や空港使用料など合計4万円/人ほどかかりました)

そこで、苦肉の策として、同じクルーズ船でも、一番人気の「海側バルコニーの部屋」か、料金を抑えられる「内側の部屋」かをかなり悩みました。

事実、クルーズ説明会でも「一番人気はやっぱり海側バルコニー付きのお部屋です!」と言われますし、バルコニーで海を眺めながら、朝食のルームサービスを食べたり、お酒を飲んだり出来るのは、バルコニー付きのお部屋の醍醐味。

テレビでクルーズ船が紹介される場合も、基本はバルコニー付きのお部屋を紹介されています。

一番人気のお部屋じゃ無いと、クルーズの楽しさが半減するんじゃないか?少し高くても、一番人気を優先するべきじゃないか?と考えました。

勝手なイメージですが、「内側の部屋」=「窓のない部屋」と聞くと、狭くて薄暗い、空気が悪そうなイメージ。不安です。

そこで、実際、海側バルコニー付きのお部屋でクルーズをしたことある人に話を聞いてみました。すると「まぁ朝起きて、確かにバルコニーからぼんやり海を見て・・・でも、あとは1日プールデッキでお酒飲んでいた」とのこと。

もちろん、この人の場合だけかもしれませんが、思ったほど「バルコニー付きじゃなきゃ楽しめなかった!」という感じでもありませんでした。

そして、その人とのお話しの結果、「結局船の中を動き回るなら、どの部屋にいても関係ないかもね」という結論に至り、最終的に内側のお部屋に決めました。

もちろん、余裕があれば海側バルコニー付きの、いつでも外を眺められるお部屋をお勧めします。一番人気なことはどう考えても間違い無いでしょう!

ただ、これは負け惜しみ的な考え方かもしれませんが・・・デッキに出れば、同じ景色を360度見られますから、万が一あなたのお部屋にバルコニーがなくても、お酒も朝食もデッキで食べて擬似体験はいくらでも出来ます。

前向きに考えましょう・・・。


予算のメリハリ! 部屋代 vs 観光代

部屋代を抑えてお酒を買う

お金がかかることについて、心配事がもう一つ。それは、夫がどれほど船でお酒を飲むのか、また私たちがヨーロッパでどれほど買い物をしてしまうのか、という追加費用の事。

そういったクルーズ船以外のコストは、想像すればするほど膨らんでしまい、費用の不安の一因でした。

(いや、予算を決めて使えよ!っていう話なんですけど、それが私も夫も全く得意じゃない。無理なんです)

また、乗船前に熟考厳選したエクスカーション(外出時のツアーやアクティビティ)についても、「どうしてもアマルフィ海岸・バチカン市国は移動が不便なのでツアーで行きたい」などと考えていると、あっという間に1人5~6万円かかってしまい、「そもそものクルーズ代以外に一体いくらかかるんだ・・・」と途中から計算を放棄してしまっていました。

とはいえ、せっかくの旅先でお金を気にして自由に動けなくなるのはちょっと残念ですから、やはり部屋代を少しでも浮かせて気持ちの余裕が出来て、ワインや観光を楽しめた私たち夫婦にとって非常に納得感が高かったです。

私を誘惑するスムージーメニュー(別途料金)

ただでさえ、船内には色んな誘惑やオプションが散らばっています。私たちよりもクルーズ船の方が、マーケティング(お金を使わせる仕組み)が優秀なわけですから、先に抑えられる固定費として、部屋代の削減、やはりオススメです。


実体験 結論、部屋は寝る場所

窓がなくても天気もわかる

部屋にいない理由

乗船初日に「日本人向けオリエンテーション」に参加した際、スタッフの方が冗談のように「最後はスケジュールに追われて生活することになります」とおっしゃっていた言葉がまさにその通りでして・・・クルーズ中は、船内も船外もやることがいっぱい。

入港日に朝から外出すれば、その日1日出回って、部屋には帰ってきて寝るだけです。

また、終日船の中にいる日であっても、起きてから、

  1. 朝食に出かけ
  2. フィットネスに出かけ
  3. ジャクジーに入って
  4. 昼食を食べて
  5. またジャグジーに入って
  6. プールサイドで昼寝をして、
  7. ライブを聞いたりショーを観たりしていたら
  8. 夕食をする時間になって
  9. あとはカジノをして
  10. 最後に部屋に帰って寝るだけ

です。つまり、実際にクルーズを体験してみて改めて感じたのですが、上記の知人との話の通り、部屋にはほとんど用事がないのです。

クルーズ船において、部屋は寝るための場所。確定。

窓がないと不安?

テレビをつければ、船内専用チャンネルで、時間も航路も現在地もわかります。なので、「今何時!?朝なの夜なの、わかんない!怖い!」みたいな心配もありませんでした。

部屋狭くないの?

飛行機のエコノミーに比べたら
クルーズ船の部屋の快適さはヘブン

また、部屋の広さはビジネスホテル程度。日本人にとってみればけっして狭くなかったので、窮屈さや不自由を感じることはありませんでした。

スーツケースもベッドの下に入りますし、クローゼットも二人で過ごすには十分ありましたので、(ベッドも夫と離して過ごしたので散らからず)ましてや寝るだけの部屋としてはすこぶる快適でした。

換気は大丈夫なのか?

また、船の中は乾燥すると聞いていて、その点でも窓が無いことが少々心配でしたが・・・実際は、シャワーを浴びて、タオルを干して、と普通に生活していれば、乾燥もそれほど気にならず(冬の東京の方がよほど乾燥している)、こもったような空気の悪さを感じることも一切ありませんでした。

素直に考えて、次回、またクルーズに行くのであれば、その際もコスパ重視で内側のお部屋を積極的に選ぼうと思っているほど、私は内側のお部屋に大満足した次第です。


もともと「内側のお部屋」=「一番安い部屋」=「よくない部屋」と思って最初は私自身抵抗がありましたが、他のことにお金を回せたこと、安くても室内環境が快適だったことを考えると、とてもいい選択が出来たと満足しています。

もし、あなたがクルーズ船の費用を少しでも抑えたいと考えていらっしゃるなら、日数を削ったり別のコースを検討するよりも先に、まず行きたいコースで内側のお部屋を予約する方法を是非検討してみてください!

あなたのクルーズ旅行がより楽しくなりますように〜

ボンボヤージュ♪