本日、にゃんこ展が無事に終わりました。

私のグッズをご購入下さった皆様!

本当にありがとうございました。嬉しかったです。

 

にゃんこ展は2年ぶり2度目の参加でして、

だいぶ余裕を持って臨んだつもりだったのですが・・・

試行錯誤の1週間でした。

沢山の作家さんが「猫」というひとつのテーマで一同に集まり

集客力が大きいと見込んでいたものの、

お客さんとして客観的に会場を見渡してみると

あらゆる猫のアートやグッズが目にいっぺんに飛び込んできて

テイストも金額もバラバラ、雑多な宝探しの山の中にいる感じ。

その中で埋もれずにイラストの雰囲気を

アピールをすることが難しかった。

 

しかも、趣味でやっている方も多いため、

 

すぐ横をみると手の込んだ作品も

「え?こんな値段で売っちゃうの!?売れても赤字でしょ」

みたいな作品も多々あって、

お客さんと会場のイメージをちょっと読み間違えていたかなと。

 

しかしその一方で、私も気に入った実力派の作家さんの

素敵な作品はちょっと高くてもポコポコ売れていたようで、

それはそれで「あぁ、値段だけが問題じゃないよね・・・」

とも気づかされちょっと落ち込んだり。

一喜一憂しておりました。

 

2度目なのに、「お客さんと会場のイメージを読み間違えていた」

とは何事かと自分でも驚きますが、2年前と様子が変わったとも言えます。

 

次回の私の出展は(このままの予定で行くと)企業向けの見本市。

クリエイターEXPO 2018の絵本ブースに出展です。

 

クリエイターEXPOも2度目の参加。

2年前の1度目は、右往左往しながらも大成功!

と思っていたのですが、

こうなると「2度目だから」と余裕を振りまいて参加すると

今回と同じく一喜一憂することになりかねません。

 

クリエイターEXPOは企業向けで

今回とは雰囲気はまったく異なるものの

コンセプトから再度

自分のスペースとアピール方法を考えたいと思います。

 

いい勉強になったにゃんこ展でした!

改めて足を運んでくださった皆様

ありがとうございました〜!

コラム「難しかったこと」

投稿ナビゲーション