今年は初めてふるさと納税をしました。

 

これまでは正直

「ふるさと納税知ってはいるけど・・・なんかよくわからん!」

という感じ。

 

ニュースでふるさと納税の説明を見ても

「で?納税して返礼品がもらえるのに、

何故最終的に実質2000円の負担で済むのだ?」

の足し算引き算が全然理解できず

(今もイマイチ理解していない)

「・・・まさか、地方の農家が泣きながら

返礼品を作らされているのではないのか?」

などとキナ臭い詐欺商法みたいな事を

うっすら心配してしまい、気が咎めていました。

 

しかし、去年から私が家にいる時間が増え、

私のお給料もめでたく減り(涙)、

ふるさと納税も何年か時間が経って尚

「農家の方が泣いている」

というドキュメンタリーを目にすることもなく、

 

「ふむ、せめて旦那のお給料で

ふるさと納税をしてみよう!」

と思いました。

 

しかも、普段よく利用している

オンラインモールでもふるさと納税を取り扱うようになり

便利感や気軽さも背中を押してくれたのです。

 

 

還元率の高い返礼品ランキングなども多く気になるところですが、

変に真面目な私としては、

何かその地域を応援したいと思う理由がないと・・・と思い

旦那の故郷や、

もともと私の戸籍があった場所、

私が昔住んでいた思い出の場所、

にふるさと納税をしました。

 

まずは、(去年今年とちょいちょい話題の)

鹿児島県志布志市からうなぎを頂きました。

 

ここ数年、ますます高級で全然手の出ない

うなぎの蒲焼に最初から期待をしていたのですが

もう、全く期待を上回る立派で美味しいうなぎで

さっそくふるさと納税に感動しております。

 

 

・・・しかし、

志布志市から届いた箱を処分しようとしてびっくり。

似たような文字の羅列が続き

「え!早口言葉かな?」

と思うような雰囲気を感じました。

 

 

鹿児島県シブシシシブシブシ・・・・うん

やっぱりうまく言えない。

 

今日のコラム「ふるさと納税した」

投稿ナビゲーション