産休に入っている友達に会った。

 

彼女とは数年前まで一緒の職場で働いていたのだけれども、

久しぶりに会って数分で「あ」と気づいたことがある。

彼女が関西弁で喋っていること。

 

彼女は、家族で関西から東京に移ってきていて、

家の中では関西弁を話しているのだろう。

職場で標準をしゃべる環境から少し離れている彼女は、

自然と私にも関西弁で話している。

 

今日まで標準語の彼女しか知らなかった私にとっては、

なんだか素の彼女が見られたような気がして、

とても嬉しかった。

「そうかそうか、彼女は本来、こういう風に話すのかぁ〜」と。

 

・・・しかし、ランチを終え、

お茶をしているうちに違和感を感じる。

 

向かい合って話している私が

つまらない標準語で受け答えをしているせいで、

彼女の会話の語尾に、関西弁と標準語が混じり出す。

語尾が不安定になり、関西弁と標準語の間で

彼女の心がウロウロしているのを感じる。

 

お茶とケーキを食べ終わる頃には、

ついに関西弁が消滅し、

職場で知っていた彼女が私の目の前にいた。

なんだろうか、

素の彼女が消えてしまったような気がして寂しい。

 

 

「お願いだから、関西弁で喋り続けて!」

「なんやったら〜、私も関西弁で努力するさかい〜

かんにんやで〜!!!」

とも言えず、

(私の関西弁は、だいたいにして関西人をイラつかせる。

もちろん悪気は一切ない。)

私はそっと自分の標準語が恨めしいと思った。

 

私が関西人だったら、もう一歩彼女と心を開いて

お友達になれたのではないか・・・。

 

数ヶ月後、彼女の子供が生まれてたら、

その子は関西弁をしゃべるかな?

 

できれば、出産後の彼女にまた会いに行って、

今日のことがリセットされ、

関西弁を普通に喋る彼女を

もう1度ぐらい堪能したいと思いました。

 

方言が目の前で消える時

投稿ナビゲーション