会社員の知人が

「とにかく儲かるんでしょ!?

このご時世、絶対、フリーランスになるべきだよね!」

と言ってきた。

しかし、その知人がフリーランスになる予定は無いらしい。

 

また、ある時は仲の良かった前の会社の友達とお茶会をして

「で、どれくらい稼げてんの?」

と唐突に聞かれて驚いた。

同僚だった時にさえ、そんな話をしたことはないのに、

その聞き方に「どうせ稼げてないでしょ?」という

軽蔑の空気がありありと滲んでいたから。

 

私個人の見解からいうと、

どちらの人も「起業に幻想を抱いている」と思うし、

そんな彼らに、私から伝えられることはあまりない。

 

 

昔、起業をしたい人のための本を読んでいて、

「会社員の頃の友達は捨てましょう」

みたいな事が書かれていて

「え〜?そういうもん?」と思っていたけど

 

今になったらわかる、

会社員の人たちには悪気はなくとも、起業や独立は

なってみなければ解らないことが沢山あって

こちらもそれを逐一説明しているほどの準備も時間もなく。

 

そして、「転職する人・しない人」と同じく

起業(独立)する人としない人は、

根本的な価値観の部分で圧倒的に違う感覚を持っている。

もうこれはしょうがない。

 

で、そんな思いを抱えながら今日読んでいる本がこの2冊。

私もどうも疲れがたまってきているのかも・・・w

 

読んでいて、今の所一番心に残っていることは

「ティーンエージャーの頃にドラッグ取引をしたことがある人は、そうで無い人に比べて、成人してから自分でビジネスを始める可能性が11~21%も高い」

という事実。

(起業という幻想 by スコット・A・シェーン)

11~21%っていう幅は何だ?と思いつつも、

私もアメリカにいた当初にドラッグ取引をしていれば

1人前の起業家になれたかも!!!・・・と

(あくまでもアメリカの話ね)

 

 

・・・ふむ。

えぇ、やはり私疲れているんでしょうね。

 

 

きっと作者が伝えたかったことは、

そんなドラッグディーラーのことじゃ無い。

それだけはわかっている。

 

 

 

あとは、もう1冊

「寝ながら稼ぐ121の方法」 by ジェームス・スキナー

明日から3連休に向けてダラダラ読みます。

 

 

これを読み終わった後、

どこかからお金が雪崩のように

降りかかってくるように願いながら・・・ほほほ。

 

 

 

起業の幻想・・・

投稿ナビゲーション