<キャラクター紹介はこちら>

 

旦那が茶碗蒸し好きなのはよく知っていますが

なかなか茶碗蒸し作るのって面倒・・・

しかも茶碗蒸しって、

お寿司屋さんなら絶対美味しいでしょ。

(お手頃なチェーン店ですけどね)

 

昔の私なら

「そうか、そうか!

旦那ってば私の作った茶碗蒸し食べたいのかい!?

頑張って作るか〜!」

とその気になりそうでしたけれど、

もう今の私は、年月を経て、だいぶ冷静です。

 

「ヨウコの茶碗蒸しの方が美味しい」

「昔は作ってくれたなぁ〜」

「あの頃の茶碗蒸し美味しかったな〜」

と変に声に出してアピールしてくる旦那に、

しっかりと嫌味を感じています。

 

手元の温かい茶碗蒸しが

急に冷めそうなぐらい、私は今冷静なのです。

 

コミック「茶碗蒸し」

投稿ナビゲーション