ゴルフ場には、色々なお土産が売られています。

 

ゴルフを存分に楽しんだお父さんたちが、

家で待つ家族に対しての罪悪感を

少しでも緩和できるように

フロント横にお土産コーナーがあるのだと思います。

 

よく売っているのは地元の名産品や

それを加工したアイスやジャム、

それと、近隣の農家さんが届けているお野菜。

 

先日、私は栃木のゴルフ場で

オクラ・カブ・しいたけを買いました。

 

まさに産地直送。

スーパーのそれとは違い

袋にわんさかと勢いよく詰まっているお野菜は、

どれも1袋100円。

 

私たちに優しい料金のゴルフ場

(前日、ネットで「直前割・昼食付き!」と唄って

お得になっているようなゴルフ場にしか行ってないのでw)

では、

お土産が心にもお財布にも染み渡る優しさ。お手頃でよい。

 

 

新鮮なカブは、皮が柔らかいので、

切ってそのまま大麦の味噌につけてかじる。

 

袋からわんさかと飛び出ていたカブの立派な葉っぱ

鷹の爪と炒め物にしてご飯にのせる。

 

しいたけはマヨネーズと七味をかけてオーブンで焼く。

 

オクラは焼き目をつけて、

生姜とお酢に浸して鰹節をかけて食べる。

 

 

有機野菜とか無農薬野菜とか、

そういう高級食材ではないけれど、

それ以上に、体が喜ぶ素直なご飯を

久しぶりに食べられた気がしました。

 

 

産地でお得に買えた満足感と共に、

近所のスーパーでお野菜を買うのとは一味違う、

素朴な野菜の良さに

ちょっと幸せを感じました。

今日のコラム「優しい野菜」

投稿ナビゲーション